So-net無料ブログ作成
検索選択

女性賃金は男性の7割弱…男女共同参画白書(読売新聞)

 政府は15日の閣議で、2010年版の男女共同参画白書を決定した。働く女性が出産育児を経験する30歳代で仕事を離れなければ、女性の労働力人口は2009年の2770万人に比べて、少なくとも131万人増の2901万人に増加すると試算しており、「女性の活躍を進めることが経済成長に有効だ」と指摘している。

 白書によると、正社員の男女で時間当たりの賃金比較すると、女性は男性の7割弱にとどまっている。さらに、男性全体の就業時間と就業者数を掛け合わせた「賃金総額」を100とした場合、女性は4割弱にとどまっており、主要先進11か国中で最も低かった。

 白書は「賃金格差を縮小するには、女性の勤続年数を長くすることや、指導的地位に立つ女性の割合を高めることが必要だ」と強調している。

<窒息死>歯治療中の2歳女児、のどに脱脂綿詰まり 埼玉(毎日新聞)
【私も言いたい】テーマ「財政再建」(産経新聞)
世界遺産暫定リスト入りへ=佐渡鉱山、百舌鳥古墳群―文化審(時事通信)
「辺野古は困難」菅首相と初会談の仲井真知事(読売新聞)
国会、あす閉会へ 「逃げ菅」本領発揮 「ダブル選」で野党牽制 (産経新聞)

父「余計つらく…」広島女児殺害、差し戻し控訴審7月28日判決(産経新聞)

 広島市安芸区で平成17年、小学1年の木下あいりちゃん=当時(7)=が殺害された事件で、殺人や強制わいせつ致死などの罪に問われたペルー人、ホセ・マヌエル・トレス・ヤギ被告(38)の差し戻し控訴審が1日、広島高裁(竹田隆裁判長)で結審した。検察側は改めて死刑を求め、弁護側は有期懲役が相当と主張した。判決は7月28日に言い渡される。

 検察側は、「犯行は極悪非道の極みで、遺族の処罰感情はいまなお峻烈(しゅんれつ)」と指摘。「反省や悔悟の態度はみられず、矯正の可能性は認められない」として、改めて死刑が相当と主張した。

 一方、弁護側は殺意や計画性を否認したほか、証拠採用されたヤギ被告のペルーでの性犯罪歴について「確定判決がなく証拠能力はない」と主張。1審の無期懲役判決は量刑不当として、有期懲役を求めた。

 閉廷後、あいりちゃんの父、建一さん(43)は「法廷でヤギ被告に真実を話してもらいたかったが、かなわず残念。余計につらくなった」と話した。

 ヤギ被告をめぐっては、1審広島地裁が死刑求刑に対して無期懲役を選択。2審広島高裁は「審理が不十分」として1審に差し戻したが、最高裁は昨年10月、2審判決を破棄し、審理を高裁に差し戻した。

【関連記事】
広島女児殺害事件 差し戻し控訴審 父は「死刑判決を望む気持ちは変わらない」
深夜の火災で4歳女児死亡 広島・尾道
学校前の交差点で小1女児がバイクにはねられ重傷 広島
あいりちゃん殺害4年 全校集会「悲しみますます」
教え子乱暴で懲役30年 広島地裁、元小学校教諭に
「はやぶさ」帰還へ

小樽の商店街を馬が暴走、接触事故で女性けが(読売新聞)
24歳男が父親を刺殺=新潟(時事通信)
原因は普天間 民主に逆風 岡田氏「参院選大敗も」 (産経新聞)
<トキ放鳥>「若い方が適応早い」0歳4〜5羽も(毎日新聞)
住民「こういう日来るとは」=豊島産廃、調停成立から10年―香川(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。